Category

大腸癌の早期発見の為にも大腸内視鏡検査

近年、大腸癌の患者数が増えています。大腸癌の原因は様々上げられますが、食生活の欧米化が大きな要因とも言われています。男女共に死亡率も高い大腸癌ですが、進行が遅いということもあり早期発見でほぼ完治できる癌でもあります。そして大腸癌の早期発見にこそ大腸内視鏡が最適なのです。
大腸癌を検査する為に40歳を過ぎると便潜血検査をする方も多いでしょう。しかし大腸癌も初期の段階であるとまだ出血が見られないことも多いのです。そのため出血が確認できる頃には進行をしているという事も少なくありません。大腸癌を早期発見するには、日頃の体調の変化をしっかりと感じ取ること、そして大腸内視鏡検査が重要です。大腸内視鏡検査では大腸癌に進行をする前のポリープの段階で切除を行うことも可能です。また大腸癌だけでなく、その他の病気は早く察知するにも大腸内視鏡検査はとても有効なのです。
40歳を過ぎるとリスクも上がるので、是非福岡での大腸内視鏡検査をお勧めします。大都市の福岡では最新の機器で検査が行えるところが多く、早期発見にも繋がります。1年に1度は福岡で大腸内視鏡検査をするようにすれば、病気を早期発見することに繋がるでしょう。

大腸内視鏡検査でわかる病気とは?

大腸の健康のために、癌の早期発見のために大腸内視鏡検査をする方が福岡でも増えています。福岡での大腸内視鏡検査では一体どのような病気がわかるのでしょうか。
大腸内視鏡検査でわかる病気で有名なのが大腸癌です。大腸癌は比較的進行の遅い癌で、なかなか自覚症状が出にくいといわれています。便秘や下痢などといった症状を引き起こすこともありますが、これは普段の生活の中でも起こりやすいことなので大腸癌とはすぐには想像できないかもしれません。しかし大腸癌は早期発見でほぼ完治する病ですし、そのためには大腸内視鏡検査が有効なのです。
その他には潰瘍性大腸炎という病気があります。この病気は腸の膜に炎症が起こることによる病気です。下痢や腹痛などを引き起こす病気ですがこれも内視鏡によって発見が可能です。また、同じように腹痛や炎症、出血などを引き起こすものに虚血性腸炎があります。これは大腸の血液循環が悪化して炎症や潰瘍などが起きるものです。その他にも、クローン病、大腸炎など様々な病気が発見できます。
普段より少し体調がおかしいなと思った場合はもちろんですが、病気の早期発見のためにも福岡で定期的に内視鏡検査を受けるようにしましょう。

PICK UP

News

2017/12/22
具体的な内視鏡検査の内容を更新致しました。
2017/12/22
深刻な病気リスクを下げるを更新致しました。
2017/12/22
お腹の健康状態を更新致しました。
2017/12/22
内視鏡検査の病院と年齢を更新致しました。
トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加