Category

苦痛の少ない大腸内視鏡検査は福岡でしよう

福岡では多くのクリニックで大腸内視鏡検査が行えます。大腸内視鏡検査というと「苦しいのでは」と不安に感じる方もいるでしょう。
実際、大腸内視鏡検査が苦痛であるといわれるのには理由があります。大腸は構造上曲がりくねっていること、そして壁が薄いという事で、内視鏡を挿入するにはある程度の技術を要します。あまり上手でない技師に当たってしまうと苦痛に感じることもあるかもしれません。そこで福岡で大腸内視鏡検査をするクリニックを選ぶ際には、しっかりとした技量のあるところを選ぶようにしましょう。症例数が多いところは、技量もおのずと高くなるという傾向があります。
また、どうしても苦痛を感じたくないという方は無痛内視鏡検査もお勧めです。鎮静剤を使用して検査を行う無痛内視鏡検査は、苦痛を感じることなくあっという間に検査が終了します。もし痛みに弱いという場合は、無痛内視鏡検査を行うと良いでしょう。福岡にはこの無痛内視鏡検査が行えるクリニックが多くあります。
大腸内視鏡検査も最初は違和感があるかもしれませんが、慣れると「全然平気」という方がほとんどです。ご自身の健康の為にも定期的に検査を受けるようにしましょう。早期発見が大切ですね。

大腸内視鏡検査はこんな前処置が必要

大腸の大きな病気というと、真っ先に思い浮かぶのが大腸癌です。大腸癌は比較的進行が遅い癌で、早期発見でほとんど治癒します。進行するまで痛みも出ないので、大腸癌を早期発見する為には、大腸内視鏡検査が必要不可欠です。
大腸内視鏡検査を受ける前には、事前に準備が必要です。胃カメラを行う前に、飲食を禁止して胃の中身を空っぽにするように、大腸内視鏡検査の前にも大腸の中身を空っぽにする必要があります。胃の場合は食べなければ空っぽになりますが、大腸の場合は意図的に空っぽにする必要があります。
毎日便の出ている方でも腸の中には宿便が溜まっています。こうした宿便がある状態では、腸の中を正しく判定する事ができません。小さな病変を見逃さずに見つける為にも、腸の中の便をスッキリさせなくてはなりません。
そこで福岡の病院で検査を行う前には、腸内を洗浄する必要があります。自宅で下剤を飲む場合や、病院で飲む場合など、福岡の病院によってもその腸内を綺麗にする対応方法は変わります。徹底的に腸の中を洗浄し、綺麗にすることで病気をより見つけやすくするので、福岡で検査をされる方は病気を見逃さない為にもしっかりと事前準備をしましょうね。

PICK UP

News

2017/12/22
具体的な内視鏡検査の内容を更新致しました。
2017/12/22
深刻な病気リスクを下げるを更新致しました。
2017/12/22
お腹の健康状態を更新致しました。
2017/12/22
内視鏡検査の病院と年齢を更新致しました。
トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加