Category

技術力の高い病院

大腸内視鏡検査というと、「お尻からカメラを入れるのが辛そう」ということであまり積極的に受ける人は少ないように思えます。けれども、大腸内視鏡による検査はとてもメリットがあるので、是非積極的に受けて欲しい検査です。
大腸内視鏡検査のメリットとしてまず上げられるのが、病気を早く見つけることができる点です。腸の検査というと他に上げられるのは、バリウム検査と便潜血検査です。バリウム検査はレントゲンで異常が見つかったとしても、それが本当に病変かどうか解りづらく、はっきりとした結果には結びつきません。また便潜血検査も、病気があっても出血がない場合もあれば、痔など腸の病気ではないのに潜血反応が出るなど、こちらも正確な判断が難しくなってきます。
腸の病気をしっかりと把握するなら、やはり大腸内視鏡検査が一番正確です。直接目で見るということで病変を見つけやすくなり早期発見に繋がります。また直接病変を採取して検査に回したり、治療を行うこともできます。
今は大腸内視鏡検査も手軽に行えるようになってきています。福岡には大腸内視鏡検査のできる病院が多くあります。福岡は大都市なので、技術力の高い病院も多く検査をするには最適です。福岡で大腸内視鏡検査を受けるようにしましょう。

40歳を過ぎたら大腸内視鏡検査

「普段健康診断などを受けているから、健康には自身がある」という方でも見落としがちなのが腸の病気です。腸の病気は普段の生活の中では発見するのが難しく、見つかった時にはかなり進行をしているということもあります。そのため、腸の病気が増え始める40歳になったら大腸内視鏡検査を受けることをお勧めします。
40歳を過ぎると健康診断などで便潜血検査が多く行われますが、便潜血検査では十分が結果が得られないこともあります。癌などの症状もかなり症状が進行しないと出血を起こさないという場合もありますし、そもそも出血をしにくい癌というのも存在します。また癌でなくても大きな病気が潜んでいることもあります。腸の病気も早期発見をすれば比較的スムーズに治療を行え、その後病気の後遺症に悩まされることもありません。一目で病変がわかり、そして検査までもスムーズに行える大腸内視鏡検査がおすすめなのです。
大腸内視鏡というと苦しいというイメージもありますが、今は進歩し苦しくない大腸内視鏡検査も増えてきました。福岡でもこうした苦しくない検査を受けることができるクリニックなどが増えています。多くの人が集まる福岡は、検査の腕も高くなります。40歳を過ぎたら福岡で大腸内視鏡検査を受けるようにしましょう。

PICK UP

News

2017/12/22
具体的な内視鏡検査の内容を更新致しました。
2017/12/22
深刻な病気リスクを下げるを更新致しました。
2017/12/22
お腹の健康状態を更新致しました。
2017/12/22
内視鏡検査の病院と年齢を更新致しました。
トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加